【2024年版ランキング】 京都府納骨堂

お墓の種類
価格の絞り込み
施設・設備
宗教・宗派
特徴

京都府のお墓・霊園・墓地新着・更新情報

京都府の納骨堂に関するよくある質問

京都府で人気の納骨堂はどこですか?

+

京都府で人気の納骨堂は、成願寺墓地大本山 随心院東山浄苑 東本願寺、です。
京都府でおすすめの一般墓一覧

納骨堂の選び方やメリット・デメリットを教えてください。

納骨堂は遺骨を仏壇やロッカーなどに安置する屋内の施設を指します。施設によってお参りのスタイルが異なるので、お参り方法などを気にして選ぶと良いでしょう。 納骨堂を選ぶメリットは屋内なので天候を気にしなくて良いこと、駅近などアクセスしやすい場所にあることがあげられます。一方、納骨堂を選ぶデメリットはお供えできるものに制限があること、施設や運営元の影響を受けやすいことがあげられます。\
納骨堂についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

京都府の納骨堂の情報

京都府では樹木葬の次に増えてきていると言われているのが納骨堂です。納骨堂とは、主に屋内にある遺骨を納める収蔵スペースのことを指し、個人や家族といった様々な単位で利用ができます。屋外にある従来のお墓とは違い、建物内に多くの遺骨を収蔵することが可能なので、土地が限られている都市部では増加傾向にあります。また、多くの納骨堂では永代供養がついているので遺族のいない場合やお墓の継承者が不在の場合でも安心して利用できる点から人気が高まっています。また墓石を必要としない為、一般墓と比べると比較的安く購入することができることもで人気の理由となっています。

納骨堂の形式

納骨堂と一概にいっても様々な形式があるので、いくつかご紹介します。

①:ロッカー式納骨堂

コンパクトなロッカーのようなスペースに遺骨を納めます。納骨堂の中では比較的安価なので予算を抑えたい方や、シンプルな納骨スペースを求める方にお勧めです。

②:仏壇式納骨堂

伝統的な仏壇に似た内装で、写真や位碑、お花などが飾れる収納スペースがひろいのが特徴です。礼拝もゆったりとしたスペースで行えます

③:自動搬送式納骨堂

建物全体が納骨堂になっていて、バックヤードに保管されている骨壺をICカードやコードを入力して呼び寄せるシステムです。構造上狭いスペースでも多くの遺骨を収蔵できるので駅周辺や都心部のアクセスのよい場所に多いです

④:位碑式納骨堂

位牌を中心にした供養が行われ、遺骨は別の場所に収められることが多いです。ひな壇上に位碑が並べられて、共有スペースで礼拝を行う形です。占有スペースが少ないので最も安価な納骨堂です